2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.03.09 (Fri)

「グレーテスト・ショーマン」

久し振りの洋画の実写映画。
子供たちの受験や学年末テスト明け、私ももともと興味ある作品だったが、子供たちの方から「見たい」というので、一緒に見てきました。

音楽と映像の一体感、楽曲のすばらしさ、それにのって、映像がテンポよく展開され、ストーリーも進む。
映像がとても美しく、スローモーションやアングルなどにより、迫力や情感こめられた演出もすてき。
箱庭のような昔の時代の街並みや建物、衣装に彩られた空間の美しい映像にひきこまれ、私はその世界に紛れ込んだような気分になる。
お話も、人の想いを深く見つめ、情感あふれる表現や、哀しみもきちんと描かれ、胸に迫るものがあり・・子供たちにはシビアな世界に見える部分もあり、どうかしら、と思ったのですが、見終わって感想を聞くと、まっさきに「すごくよかった」と口をそろえて言うので、うれしかったのですが、それよりも驚きのきもちも大きかったですね。こうした作品をよかった、と受けとめるだけの器が、子供たちの中にできあがってきている、という成長してきたことのうれしさと驚きを感じたからかもしれません。作品もとてもよかったですし、サントラCDも欲しいくらいですが、なにより、子供たちがこれほど「よかった」と感じられた、その感性の存在を知ることができたことが、私にはとてもうれしかったです^^

最近は、何をするにもバラバラでしたから、とても久しぶりに一緒に見ることができ、感動をわかちあうことができたこともうれしかったですね。
sakura
関連記事
22:13  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |