2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.09.26 (Tue)

想いとぎれぬ・・「おんな城主直虎」感想その4

気持ちをとどめようとしたのですが、やはりだめ・・どうしても「おんな城主直虎」の世界が頭から離れず、さまざまな映像が脳内再生されています(^^;)。
(この想いを書きとどめておかないと、明日のヤマト2202第三章最速上映会で集中できなさそうなので、気持ちの整理のためにもUPすることとしました^^;)

以前書いたことがあったかと思いますが、もともと私自身、お寺にある幼稚園や仏教系の中学高校で過ごしていましたので、おとわが出家されたころからの御経やお寺とかかわりのある世界が、とても心にフィットしていたのですね(おとわ(直虎)の独特な読経シーンには、斬新な印象と同時に、心地よくすら感じられ^^・・これが龍運丸の意識を呼び覚ましたようでもありましたが^^)。
それらがベースにある女性が主人公で、親しみも感じましたし、繰り広げられる戦乱の世のドラマ、武家だけのお話ではなく、庶民の暮らしの視点も大切に織り交ぜられながらの展開、魅力的な音楽、俳優さんもみごたえある演技派の方々をはじめ、若手の注目されるすてきな方々も参加され、楽しんでまいりました。

振り返ってみれば、三浦春馬さん登場のころは、まだ「初々しいおとわ」の時代・・高橋一生さん中心のころは、「直虎という城主」として戦乱の世を生き残るためのさまざまな方策を試みつつ、第38回の龍運丸とおとわのセリフにまさに凝縮されているような、直虎としての、直虎だけが目指してやってこられた「たたかわずして、誰一人死なせることもなく・・」国を治める生きざまを見せつけられたような時代・・しかしながら、柳楽優弥さん演じる龍運丸とともにあるころの直虎は、政次亡き後、自身を見失ってしまう・・やがて、おとわとして、自然とともにつつましく毎日を生きる「一人の女性」の時代へと移行していました。

城主としての直虎の時代に、龍運丸と出会うが、当初は城主と家臣のような関係でありつつも、お互いに、「自身の中にある気づかなかったもやもやとするもの、または見失っているものに気づかせてくれるような存在」であることに、徐々に気づきはじめる・・もちろん、男性として、女性としての、それぞれの美しさも備えた人であるから、最初は外見から意識もしたであろうが。
このあたりは、いくつかのエピソードが登場し、そのつど、ドキドキハラハラさせられたものでした(笑)。
第32話以前の記憶があいまいですが、印象的なシーンとしては、初めての出会い、のこぎりのドキドキシーン、施策に惑う直虎にヒントを与える龍運丸、船上で語り合うシーン、武家の出自を語るシーン、国造り(龍運丸に、井伊のもとで、と話す際、『ならば、そのような国をつくっていけばよいではないか』というようなこと)を語るシーン・・などなど、あげたらきりがありません(笑)。

やがて、政次の件から、自身を喪失した直虎を、陰ながら見守る龍運丸・・このころに、徐々に、直虎への想いが変化してゆくさまが、微妙な表情などからみてとれて、本当に、柳楽優弥さんの演技力を実感しました^^
さらには、その鎧をはずし(『直虎』という鎧、の意味です^^;龍運丸が法衣の頭巾を外してあげるシーンがその象徴のように感じられ、とても印象的なシーン^^)、一人の女性としておだやかな日々を生きるうちにも、徐々に、本来の自分自身の中にある「志」に気づきはじめる二人。
自身の中にはもう何も残っていないと思われていた「志」が押さえ切れぬくらいにわきおこりつつあることを、また、それぞれお互いに相手の中にもわきおこりつつあることに気づき、相手を想う故におしとどめたり、相手に進言したり・・と、その想いのやりとりが、とても美しい。
第38話は、そんな「想いの極み」のエピソードだったのでは、と。
ですから、そう簡単に「相手への想い」が消えることなど、考えられませんね。
死別したわけでもありませんから、お互いに、ずっと心に残っていくことと思います。
「待たずに、こころのおもむくままに」と、おとわは龍運丸に告げましたが、龍運丸は決しておとわのことを忘れずに、生きていく、と、信じたい。

いずれにせよ、今後の展開の中に、また、龍運丸が登場することを、私は願っております。
こころのよりどころであるはずですから、折に触れて、ともにいた日々と想いと言葉は、必ず、おとわの中で、繰り返しよみがえってくるはずでしょうし。
二人の想いは永遠のものである、と信じたいですね。
hono8
龍運丸は、異国の地へも旅するのかしら。
第38話で、中村屋とどのような話をしたのか、
とても気になりますね。
ものすごく刺激を受けて、成長し、変わり、
再会できたら、それはそれで、とても楽しみな
展開になりそうです^^
(ああ・・これでやっと、胸にため込めた想いを
ある程度書き尽くして、明日のヤマト上映会
集中できそうです:笑)
関連記事
17:04  |  日本ドラマ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |