2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.09.25 (Mon)

「おんな城主直虎 第38話」感想その2

第38回「井伊を共に去りぬ」は、いくつか、?とハッとさせられる場面もありました。

二人が互いを想うセリフのやりとりや表情、動作には、もちろんぐっとひきこまれ、ドキドキしましたが、おとわが倒れたときに、それまでの厳しい口調の龍運丸が、急に声もやわらぎ、すまない、という想いを伝えると同時に、体を起こすシーンでは、もしや?などと、勘ぐってしまいました(身体を大事にしなければならない、という別の意味において)・・まさか、ね(笑:それでいつしかまた二人は再会することになる、とか?妄想が勝手に広がっていきます^^;)。

中盤の高瀬をめぐるふたりの行動には、二人のきずなとともに、高瀬のような次の世代を育てていくことに、二人が協力しているさまが、とてもいい感じで、龍運丸の存在がとても頼もしく、おとわにとってはかけがえのない存在と感じられました。

・・ので、本当に、このままでは、さみしすぎますね。
互いの生き方を尊重し合い、それぞれを目指すその人であるから、ひかれあったことと思うのですが、「ごちそうさん」の時のように、最後の最後には、何らかの形で再会(二人のきずなを表わすシーンだけでもよいので)してほしい、と切に願います。
おとわは、龍運丸とのかかわりをもって、再び信念をもち、尽力するのでしょうし、彼のことばが、心の支えとなると思いますから。
「希望」「夢」を描きつつ、力強く歩んでいくような・・そして、最後には、そのたどった道筋の証が記されるような展開をのぞみます。
昨夜は、睡眠不足(^^;)。ツィッターのコメントを拾ってみますと、共感できることばかり。
本当に、興奮冷めやらず、といったところです。
siba
関連記事
07:55  |  日本ドラマ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |