2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.09.24 (Sun)

「おんな城主直虎 第38回」

「井伊を共に去りぬ」
なんというタイトルでしょうか・・!
そして、その展開もまた、なんともいえないです・・・(涙?*^^*?)。

そもそも、大河ドラマ録画を、放送当日の夜に即見る、というは、ここ最近のことで、まれにみる事態でありました。
すっかり龍雲丸柳楽優弥さん)の魅力にとりつかれてしまっていまして(^^;)、おかげさまで、この時代の歴史にもさらなる興味がわきおこってしまうくらいでした。
見終わって、龍雲丸ロス(という表現でよいでしょうか?)に陥っているようです・・これが、いわゆる、本当の「**ロス」というものなのかしら・・今まで感じたことのない感覚に陥っています(^^;政次ロスや少し前の五代ロス、という言葉もありましたが、そのころは、さほどではなかったようです)。

きもちがおさえきれずに、ネットのツィートランキング2位にある「龍雲丸」をクリックしてしまうほどでありました(^^;)
NHKサイト直虎公式サイトには、本日付で、龍雲丸ギャラリーもUPされていまして、ながめつつ、きもちを収めた次第・・でも、眠れないので、今、ブログを書いています(^^;)。
来週から、虎松(菅田将暉さん)が本格的に登場されますが、龍雲丸がもう見られないとしたら、本当にさみしいですね。視聴意欲が激減しそうです(^^;)。
ツィッターで流れていましたが、私もスピンオフドラマ制作してほしい、と思いました!(単発でなく、連続ものでもよいです!)
朝ドラでは、最近、スピンオフドラマ制作が恒例となっていますが、大河ドラマでは、たしか、いまだかつてないですよね・・政次の緊急特盤CDが発売されたくらいですから、龍雲丸につきましても新たな企画をぜひとも検討していただきたく、切に願っております^^

すみません・・見た直後で、かなり気持ちが高ぶってしまい、UPしました。
それでも、まだあまり収めることができず、寝られないかも(^^;)。
このタイミングでの龍雲丸ロスは、私自身にとっても、あまりに突然のことであり、心の準備ができていなかったので、困ったものです・・もうすぐヤマト2202第三章を見られるというのに、今、こころはこちらにわしづかみされた感じで・・(ヤマトに集中できないなんてことになりましら、どうしましょう:笑)。
せめて、いつかまた再登場してくれることがわかるとうれしいのですが・・死別でないので、一時的な別れ、ということで、いつかまた、龍雲丸とともにいて、心の平安を感じられる、女性としての幸せを感じられる直虎の姿を見たいのですね。大河ドラマらしくないかもしれませんが、その表現がファンタジーのようになってしまってもいいから、そんな姿をふたたび見たいと感じている女性視聴者は多いのではないかしら。
つい、長くなってしまいました(^^;)・・ひとまず、これにて、おやすみなさい。
rose
関連記事
23:49  |  日本ドラマ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |