2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.09.23 (Sat)

最終回感想2

「愛してたって秘密がある」
福士蒼汰さんの演技、新鮮な思いで、見ました^^ うまく演じ分けられていて、別人のようでした。
鈴木保奈美さんも、すばらしかったです^^
最終回ということで、お話の着地点が見え、ラストカットの在り方も、サスペンスミステリーとしてはいいわ、と思っていたのですが、その直後に、配信サービスのお話があり、興ざめしてしまいました(^^;)。あの場面で切って終わると、心地よかったのですが(せめて、CM入れた後で、とか、ワンクッション入れてほしかったです:笑)。

「カンナさ~ん!」
今、本当に大切にしたいこと、もの、ひと・・それに気づいて、新たな生活を始める姿に、すがすがしさを感じました^^
これまでのいろいろなドラマも、ここに至るためのものだった、と感じられ、きもちよく見終えることができました。
登場人物たちだれもが、どこか憎めない、個性ある人々で、現実はこんなにうまくいかないとは思うけれども、元気がもらえるようでした。渡辺直美さんの存在感ある明るさとパワー、子役の子が、とてもかわいらしかったのが、大きな魅力だったのでしょう。音楽の使い方もよかったですし^^
またいつか、単発続編ドラマでもできそうね。

「僕たちがやりました」
初回ではどうなることかと思いましたが、主人公の視点からしますと、やはり、自分の行動は、いつまでも背負っていくべき、また、行かざるを得ない、ということがテーマだったのかしらね(奥底には、大人社会の闇と少年たちの思いの浅はかさの対比、また、その境界線あたりにいることの危うさ、といった微妙な世界の雰囲気も感じられましたが)。その表現には、暴力などやや低年齢層には見せにくい場面も多々ありましたが。
とても繊細に演じられていた窪田正孝さんの演技には、やはりひきこまれました。こういう役はぴったりですね・・私の見ている最近のドラマの中では、ハッピーエンドになるものが多かったのですが、こうした終わり方もまた、見ごたえ感じられよかったです(彼も、ある視点から見れば、巻き込まれた被害者なのかもしれませんから、悲哀すら感じられ)。
hokkai7.jpg
関連記事
08:42  |  日本ドラマ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |