2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.07.26 (Wed)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」

住まいから少し離れた映画館なら字幕版で午前に見られるので、ようやく、今日行くことができました。
冒頭から迫力あるスケール感あふれる映像が展開されて、とてもひさしぶりに気楽に楽しめるエンターテインメント大作を見ることができそう^^と、わくわくしていました^^

が・・お話の終盤に向けての大切なある部分(スミスという名の女性二人について、船長が話すあたり)で、突然視野に光が飛び込むので、おどろき、まわりを見ますと、左隣の方がスマホを開けているのですね・・実際に隣で遭遇したのは初めてのことなので、とてもおどろきました。
視野に入り、作品に集中できないのですが、まずは黙認しました。
いったん閉じた、と思ったら、その直後また開けたので、2度目は我慢ならず「すみませんが、やめていただけますか」と言うと、「あ、すみません」と言って、しばらく入力してから閉じました。
それで終わりかと思いましたら、その直後・・またスマホを開けているのです。間隔にして10秒もなかったと思いますから、本当に驚き、同時に怒りが生じました。私が意思表示をしているのに、やり続ける神経が疑われましたし、この間、作品を見ることができませんでした。
「やめていただけませんか。映画を見に来ているのですよ!」と今度は強い調子でやや大きめの声で訴えました。
「すみません」と言い、その後は開けずにいましたが、どうにも私はきもちがおさまらず、作品世界にひたることができなくなり、エンドクレジットの音楽も、本来なら余韻に浸ることができたのに・・とやり切れぬ思い。場内明るくなってから、きちんとその方の考えをうかがいたい、と待ち構えていました。
どんな方なのか知りたい、と思いました。
でも、一方で、家族と予定調整して貴重な時間を割いて見に来て、すべての時間を浪費することとなってしまった上に、これからまた話を蒸し返してずるずる時間を浪費したくもない、と思えてきて、終了後は、ただじっと、その方を見つめるだけにとどめ、その場を離れることとしました(その方はずっと下の方を向いて、一度も私を見ませんでしたが)。

実は、始まる前から嫌な予感はしていたのです。
中央に座っている私の前を、暗くなり予告も始まっている中、仲間4人で通り抜け、着席。反対の端から入れば、そんなに多くの人の前を通らずにすわることができるのに、そうした気遣いのできない人たちなのね、と感じました。すわってすぐに、ドリンクホルダーに、持ち込み禁止のペットボトルをおき、持ち込んだものを食べ始めています。さらに、大きな声で話していました・・私は予告を見るのも楽しみにしていたのですが、その程度のことは、まだありがちなことなので、流せていましたが(ちなみに話の内容は最近のドラマの好みで、左隣の方は『ひよっこ、好きなんだよね』と話し、他の方が涼真君いなくなりさみしい、に対し、私は知りたくないネタバレのような話を平気でする始末。また『過保護のカホコは、初回で捨てた(見るのをやめた)』と)。
おそらく、携帯ばかりでなく日常的にいろいろと、他人への配慮のできない方たちなのだろうな、と感じました(映画のその場面、私が見られなかったのですから、ラインをしていたその方も見ていないでしょう・・ドラマもきっとそんなに深くじっくり見ずに、表面的な印象だけで『捨てた』と言っているのだろう、と感じました)。私と同年代の女性たちと思われます。何とも情けないきもちになりました。私まで品位を失いたくない、とも思いましたから、場内明るくなってからはじっと見るにとどめ、その場を去りました。

ですが、こうした事実を埋没させてはよくない、とも思いました・・実はきもちが落ち着かずに作品を見ている間、日常時々起きていた動悸が頻発してしまい、呼吸もしづらくなっていたほどでした(^^;)。もし、ここで倒れたら、おそらく、隣の人と私の間の二人のできごとは埋没してしまう、と感じられましたから。
アンケートを書いて映画館の方にお伝えしておきたい、と探したのですが、設置されておらず、受付の方にお話ししましたら、責任者の方がでてきてくださり、ありのままをお伝えしました。マナー広告はよく流れていることや問題は私もよく知っていましたが、その方も「最近も広告を頻繁に流すようにしていますが、さらに頻度を上げたり、(事態が生じたときに)劇場の者が対応できるような対策を考えたいと思います」と難しい問題ですが、誠意をもって話してくださいました。

というわけで、作品感想を書くことができなくなりました・・前半のみ楽しめましたが^^
久し振りに、スケール感あふれ、ややユーモアをまじえつつ、の迫力あるアクションシーンをともなう展開のある作品を見ましたら、「インディージョーンズ」シリーズを思い出しました^^ あのころ、新作が登場するたびに、とてもわくわくしたものでした^^ そんな想いをふたたび湧き起らせてくれたのには感謝^^
作品には罪はないのですが、感想を満足いく形でまとめられなかったのは非常に残念です。
hono3
関連記事
20:09  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

シャンブロウさま、コメントをいただきまして、ありがとうございました。
おっしゃるように、たしかに、そういう面もありますね・・昔から映画館では、飲食はなされていたので、その点は流して我慢してきましたが。私自身も飲み物は買って飲みますし・・でも、助長する過剰な宣伝は、矛盾するかもしれませんね・・観客の方を信頼して、の企画なのでしょうけれど。

飲食はまだ我慢できますが、やはり、携帯の光は、耐えられません。
映画館は、映画を見る場所であり、視野に入ると、鑑賞できませんから。
私が過敏なのかもしれませんけれどね。
アーヤ |  2017.07.27(木) 06:34 |  URL |  【コメント編集】

■公の場所

映画館自体が飲食推奨の広告と雑音禁止その他のマナー映像を
流してて矛盾してますよね。
シャンブロウ |  2017.07.27(木) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |